11.「緑の森の妖精」

深い深い森の中
妖精たちの囁き声
虹色の石が散りばめられた泉
水面が淡く光り
まるで虹色の花畑
それはきっと
森の神様からのプレゼント

12.「桜の風」

ふわっと香る風が
心地よくて
白い蝶が頬を染めた

13.「夜の闇、日の光」

翼を風にかりて
美しく唄う 青い鳥は 高く舞う
夜の闇、日の光 共にあるから
(下記の音楽から連想して描きました。)
 (Click!) 

14.「秘密の場所」

世界にはたくさんの
秘密があると思うけれど、
この洞窟の秘密は
とてもすごいんだ。
これから行って確かめてくるからね。

15.「ねぇ、聞こえる?」

こうやって
寝転んでいると
いろんな音が
聞こえるの
みんな、みんな
生きているんだね。

魔法使いの花子さん

オモイドリの帽子(parfois)

歌姫の旅のストール(parfois)

歌姫の旅

魔法のような組み合わせってこういうことなのかな?私の想像の世界を日常のファッションに取り入れてくれた田中あけみさん。彼女の生地の組み合わせは本当にすごい。右の写真はあけみさんのお客様がオーダーしてくださった帽子とストールです。感謝、感謝。
ちなみに田中あけみさんとは昨年の初夏、自由が丘で絵と物語×服飾雑貨がシンクロする「こころのえがお展」を開催しました♪楽しかったですね!また心が笑顔になること、形にしていきたいですね。わくわく。
田中さんの作品はこちらのサイトで見られます♪宝石がちりばめられたようなお店です。↓
オーダーメイド服飾雑貨店
『parfois』田中あけみさん
mixi/みずたま花子
http://www.facebook.com/minamiayako#!/profile.php?id=100001048246985
http://www.a-parfois.net/
「こころのえがお展」の様子はこちらhttp://www.facebook.com/media/set/?set=a.246559105355242.74228.100000034643879&type=3&l=30d8cf3aa9
ストーリーメモ/
「歌姫の旅」
季節の変わり目から
旅をはじめたけれど
どれくらいの時が経ったのか
深い 深い 森の果てに
辿りつきました
木々の隙間から
ひゅっと背の高い
青い屋根の古城が見えます
歌姫は微笑みました
希望の光に胸が
高鳴るのを感じながら
「オモイドリ」
想い鳥。その名の通り、想いを運ぶ鳥。伝えられなかった想い、忘れられない想い、大切にしたい想い…さまざまな“想い”を貯えて温めてくれます。